スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kurnia Asia

Kurnia Asiaは、損害保険会社であり、自動車保険が8割、それ以外が2割となっている。ただし、近年は自動車保険以外の商品を推進している。

取り扱いとしては自動車、Personal Accident,火災、海上と続く。

リスク選択、請求管理、自動車保険以外の保険の営業に注力している。

損害保険の支払処理は、事故の調査、交渉などがあり、対応に時間がかかるが、同社はこれを7日以内に行うことで、顧客満足を高めている。

自動車に偏りがちであったたことはリスク管理上望ましいものではなかったが、自動車保険以外の商品に力を入れることで、リスク分散を行う。

代理店網の拡大も推進している。

ランキングは今何位?
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pacificmas

Pacificmasは、損害保険、投資信託、リースを営業する金融会社である。

損保では医療保険の売上を伸ばし、医療保険では業界2位である。

投資信託では、シンガポールのOCBCと資本提携している。

ランキングは今何位?
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
プロフィール

Asia Seeker

Author:Asia Seeker
自由業(主として投資家)

2010年5月よりマレーシアに滞在予定。現地から成長著しい経済や企業活動について情報収集、発信する。あわせて株式投資も行う予定。

株式投資歴10年以上、日本の株式市場の酸いも甘いも経験して、金融資産を5倍以上に増やし、会社を退職。

低成長下での日本株投資は長期的なリターンが期待できないと判断し、東南アジアの経済を研究し、株式、不動産投資の可能性を追及する。

都内国立大学で経済学、金融を専攻。保険会社で資産運用業務などに従事。証券アナリスト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。