スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯、WIFI戦争@MALAYSIA

クアラルンプルのショッピングモールで積極的に拡販されているものは、ひとつは携帯電話、そしてWIFIモデムだ。

マレーシアに来る前に、インターネットの接続環境について懸念していたのだが、マレーシアについてその懸念はなくなった。WIFIモデムの拡販に、各社がしのぎを削り、接続料金も1カ月3000円程度でストレスなく接続する。午後の7時から8時に遅いと感じることもあるが。

さて、マレーシアの通信業界は堅調であるとマレーシアの投資情報誌は伝えている。

Maxis,Celcom,Digiは2009年に約5%の成長をした。しばらく高成長が続くと予想されている。

携帯電話の普及率はすでに100%を超えているが、無線ブロードバンド市場が新たなフロンティアとして携帯電話会社の前に広がっている。

固定電話線網によるブロードバンド市場は、長くTelekom Malaysiaの独壇場であった。しかし最近の無線技術の発展により、急速に無線ブロードバンド市場が現れ、2009年度には固定電話の加入者の成長率が14%だったのに対し、ワイヤレスは140%の成長率を超えた。

携帯電話でその利便性を知った消費者にとり、ワイヤレスモデムを選択するのは自然だったと思われる。

携帯電話会社のワイヤレスブロードバンド市場は、CELCOMが61.9%,Maxisが32%、DIGIが6%となっている。

日本ではすでに実現している携帯電話によるインターネットも遠からず実現しよう。今、携帯電話各社はそのときを見据えて設備投資に躍起だ。

DIGI社が有望視されている。3Gの14.4Mbpsのネットワークを提供し、急速に先行する各社を追い上げている。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

MBf Holdings のCEO、プライバタイズ化に失敗

Malaysian Business( May31st)は、MBfホールディングズのCEOにして筆頭株主による、プライベート化が失敗したことを報じている。

あまりにも低い株価をTOB時に提示したため、株価が大幅上昇し、結果として失敗したもようだ。


同社は、国内クレジットカード9位にすぎないが、Fiji、パプアニューギニアでの事業が絶好調で、アナリストによればアンダーバリューのまま放置されていたとのことである。

ランキングは今何位?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

クアラルンプール到着

数日前にマレーシア クアラルンプールに到着した。

マレー系、中国系、インド系、欧米人など様々な民族が集まり、マレー語、中国語、そして英語があちこちから聞こえる、グローバリゼーションのモデルのような街である。

中国の寺院、インド系の寺院など民族色の強い建物があるかと思えば、真新しいショッピングモールや高層ビル、そしてそれらをつなぐモノレールなど、非常に洗練された都会でもある。

さて、しばらく、この街に滞在することにしたので、現地で得られた情報などから、マレーシアの経済やビジネスニュースなどについて記録していきたい。

書店に行けば、多くの雑誌が流通していることに驚かされるが、ビジネス紙も多く発行されている。これらのニュースから、成長著しいアジア経済の活動ぶりを伝えていければと思っている。

ランキングは今何位?
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログ アジア経済へ
にほんブログ村

マレーシアの株式市場

マレーシアの証券市場について概要を記録しておきたい。以下は、「アジアの証券市場2010年版」を要約したものである。


・上場企業数は957社でアセアン諸国最大、株式市場の総額は約2500億ドル(2009年夏)
・株式市場は元国営企業のシェアが高いが、数のうえでは時価総額の小さい小型株中心である。
・社債市場はアセアン諸国で最大規模
・イスラム金融にも力をいれており、世界のイスラム金融をリードする存在である。
・投資家は、機関投資家が約60%であり、個人投資家が30%。外国人投資家は30%強を占めている。
・デリバティブ取引も盛んであり、株価指数先物、パームオイル価格先物がある。

後述するが、イスラム金融とパームオイル先物がユニークだ。

マレーシアでは、プランテーション(農園経営)会社の存在が大きいが、農園で主に栽培されているのはパームオイルであり、パームオイルの価格は、プランテーション企業の業績を左右する。パームオイル先物(FCPO)はプランテーション企業のヘッジ手段として発達したものと考えられる。

ランキングは今何位?
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

マレーシアについて

マレーシア滞在まで、まだ時間があるので、事前に情報を収集、整理しておきたい。

マレーシアとはどんな国だろうか。ASEANの盟主シンガポールと、昨今デモで騒がしいタイに挟まれており、いまひとつ存在感が薄い印象である。

ウィキペディアによると、マレーシアのGDPは約20兆円。日本でいえば、埼玉県の県内GDPと同程度の経済規模とのことであり、一人当たりでは、US$ 6896(2009年)である。日本の4分の1程度というところだろう。

中学校や高校の地理でならうところでは、天然ガス、石油、スズなどの資源が豊富で、油ヤシの生産が盛んな国である。

日本からは自動車や電機が進出している。特に電機はサプライヤーの集積が進んでいるようだ。

国民は、マレー系、中国系、インド系がおり、経済は中国系が支配層にある。これを是正するために、マレー系優遇政策(ブミプトラ政策)が採られた。

近年では、IT企業の育成をはかるために、スーパーコリドー政策がとられ、IT企業の振興を図っている。

私がマレーシアについて注目するのは、その位置と政治の安定性である。
すでにアジア経済の中心は中国であり、今後はインドも中国に追い付いてくるだろう。

中国とインドの中間に位置し、交通網は整備されつつあり、FTAも中国と結んでいる。
ヒト、モノ、そしてカネもインドと中国からますます流入するだろう。

タイが地政学的には最も有利な位置にあると思うが、タイ政治の現状を考えるとちょっとこころもとない。

政治が安定し、サプライチェーンが整備され、そしてASEAN最大の証券市場をほこり、イスラム金融のリーダーであるマレーシア。

私はマレーシアに非常に強いポテンシャルを感じている。


ランキングは今何位?
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

プロフィール

Asia Seeker

Author:Asia Seeker
自由業(主として投資家)

2010年5月よりマレーシアに滞在予定。現地から成長著しい経済や企業活動について情報収集、発信する。あわせて株式投資も行う予定。

株式投資歴10年以上、日本の株式市場の酸いも甘いも経験して、金融資産を5倍以上に増やし、会社を退職。

低成長下での日本株投資は長期的なリターンが期待できないと判断し、東南アジアの経済を研究し、株式、不動産投資の可能性を追及する。

都内国立大学で経済学、金融を専攻。保険会社で資産運用業務などに従事。証券アナリスト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。